荷造りは自分で行う 荷造りの順番や始める時期

引越しを安くするには、荷造りは業者にお願いするのではなく、自分で行いましょう。

 

引越しで最も大変なのが荷造りです。引越業者を決めると段ボールや梱包資材をもらえますが、大阪で引越しを考えた時点から要らないものは少しずつ処分しておくといいかもしれませんね。

 

荷造りは手順を間違えると後で大変なことになってしまいます。目につく物から段ボールに詰めてしまったお陰で、荷解きをしなくてはいけなくなった苦い経験が思い出されます。そんなことにならないためにも荷造りの順番は滅多に使わないもの、季節のものから始めましょう。

 

滅多につかわないものや季節ものは早いうちから荷造りしておいても支障はありません。2〜3週間前ぐらいから時々使うものなどを荷造りし、引越しの2〜3日前には、ほぼ荷造りを終わらせておくといいでしょう。

 

毎日使う最低限の物は引越し当日の朝に梱包を終えてガムテープを貼って引越業者を待つといいでしょう。荷造りは各部屋ごとに梱包をし分かるようにマジックで記載しておきましょう。そして段ボールには物を詰め込みすぎないことが大切です!

 

また食器やワレモノなどの梱包には新聞紙などの紙類が必要になりますから、ある程度は確保しておきましょうね。引越業者では荷造りもお任せなどがありますが、引越し費用もかかりますから荷造りは自分たちで行うほうがいいかもしれませんね。